このサイトでは一部アフィリエイト広告を導入しています。

Microsoft(マイクロソフト)とは? ビジネスモデルから事業内容、株価まで詳しく解説

本記事は世界的に有名なMicrosoftに焦点をあて、紹介していきます。Microsoftといえば、パソコン(windows)の開発や誰もが一度は使用したことのある「パワーポイント、エクセル、ワード」といった、学校のレポートやプレゼン資料や仕事で管理表や商談資料等に使われるケースが多いと思います。今回は簡単にですが、Microsoftの企業情報をまとめていきます。

目次

Microsoftとは

Microsoftは1975年にビルゲイツとポール・アレンによって創業され、1985年にパソコンのwindowsを開発したことで有名です。現在はMicrosoft 365といった「仕事でもプライベートでも生産性を向上するクラウ」をユーザーに提供している企業です。その中のサービスをいくつか抜粋して紹介します。

引用:https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/products-apps-services

【Microsoft Teams】

オンライン上で顔を合わせながら会話が出来るサービスです。用途としては、オンライン上でのMTGに使用、仲の良い友人とビデオ通話をすることが挙げられます。画面共有といった現在、自身の画面を他社に共有しながら行える点も非常に使い勝手がよいサービスになっています。

【word】

文書を作成するツールとして良く使用されているのが「word」になります。テキスト形式で打ち込むことができ、画像やグラフの挿入もできるため、文書の作成時に適しているツールとなります。コメント機能を使用すれば、誰がどこを直したかの記録を残すこともできたりします。

【Excel】

関数を用いた計算やデータ分析等によく使われている傾向があります。非常に多いデータを一瞬でまとめることやマクロを組むことで自動化ツールを作成することも可能で、分析のみにならず作業効率化に使用されることもあります。関数をどれだけ使いこなせるかが非常に重要になります。

【Power Point】

図や表を用いた資料作成に適しているツールになっており、プレゼン資料や顧客への提案資料、決算資料等の作成時によく使われています。パワーポイントでは説明する図を順番に表示したい場合に使用する「アニメーション」といった機能があるので、聞き手にわかりやすく説明することが出来ます。

【Outlook】

外部とのやりとり時に使用するメール機能をメインとし、予定表やカレンダー、個人管理表といった機能も備えているツールになります。メール作成はもちろん、スケジュール等も一つのツールで管理できるため、非常に使い勝手通い設計になっています。

【One Note】

オンライン上のノート作成ツールであり、ノート、調査、計画、情報をまとめて保存できることを強みにしています。文字や画像、表など自由な位置に書き込むこともできるため、仕事を効率的にスムーズに進めることができます。

【One drive】

ファイルや写真の保存、アクセス、編集等をどこからでもできるようにするツールとなります。ファイル等に変更を加えた時、すべてのデバイスで更新される仕様になっています。またPCでデータが消失してしまっても、One driveに残しておくことで復元も可能になっています。

あわせて読みたい
今さら訊けないOpenAI社とは? 事業内容からビジネスモデル、日本法人の有無までわかりやすく解説 OpenAI(オープンエーアイ)とはアメリカのAI(人工知能)の研究・開発を行っている企業です。 話題のChatGPT(チャットジーピーティー)や、音声データから文字起こしを...

Microsoftの企業情報

下記にMicrosoftの日本法人の企業情報をまとめています。

【企業理念(Vision)】

地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする

【日本法人情報】

企業名:日本マイクロソフト株式会社
本社住所:〒108-0075 東京都港区港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー
日本法人設立:1986/2
代表:津坂 美樹
資本金:4 億 9950 万円
従業員数:3,040人
売上高:1兆223億円(2023年度)

Microsoftは上場しているの?

日本マイクロソフト株式会社は未上場企業です。アメリカにある本社の「マイクロソフト」は米国株式市場のNASDAQ(米国にある新興企業を対象とした株式市場)に属しています。現在の株価は下記のような株価を推移しています。

引用元:https://finance.yahoo.co.jp/quote/MSFT?term=1m

Microsoftのビジネスモデルについて

To B, To Cどちらにも展開しており、ユーザーにクラウドサービスを提供し、その利用料で利益を出すモデルを構築しています。To B, To C で利用料が異なっています。Office365で一度データ管理をすると、別の類似サービスに切り替えることが難しくなる(データ移行やOffice365にしかない機能を使用しているなど)ため、一度契約したら継続的に利益がでやすい仕組みになっており、緻密に設計されているビジネスモデルの一つといえます。

【To B】

【To C】

Microsoftの競合他社

Microsoftの競合他社と呼ばれている企業は多数存在しますが、その中でもMicrosoftと提供サービスや規模が似ている企業を記載しました。

  1. Google
  2. LINEヤフー
  3. Apple
  4. Amazon

まとめ

Microsoftはクラウドサービス「Office365」をユーザーに提供しており、生活に革新をもたらした企業の一つです。非常に緻密な設計をしたビジネスモデルを設計しているところや人々の生活に欠かせないサービスに浸透させたことが世界的に有名になったと要因の一つだと考えられます。日々サービスが改善されているので、今後より使いやすくなっていく「Office365」には注目していきたいところです。

あわせて読みたい
Amazonとは? ビジネスモデルから事業内容、株価まで詳しく解説 本記事は世界的に有名なAmazonに焦点をあて、紹介していきます。Amazonといえば、通販サイトのAmazonや動画サービスのAmazon Prime、電子書籍サービスのKindleなど20を...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次