このサイトでは一部アフィリエイト広告を導入しています。

スプレッドシートのスライサーを使ってボタン形式でフィルターをかける方法

本記事はGoogleスプレッドシートのスライサーを使った、データの絞り込みについて説明します。
初めにフィルターとスライサーの違いについて説明した後、スライサーの設定方法について紹介します。

目次

Googleスプレッドシートのフィルターとスライサーの違いについて

スプレッドシートでは、「フィルター」または「スライサー」を用いてデータの絞り込みを行います。では、フィルターとスライサーの違いは何でしょうか。下記にその違いを記載してみました。

項目フィルタースライサー
共通データの絞り込みや並べ替えが出来る
違い絞り込み条件を保存できるピポットテーブルやグラフも絞り込みの対象となる

使い分けのポイントとしては、簡易的な表の絞り込みをしたい場合やフィルター条件を保存したい場合は「フィルター」、グラフやピポットテーブル上のデータ絞り込みをしたい場合は「スライサー」を使用すると良いと思います。

Googleスプレッドシートのフィルターの設定方法

フィルターの設定は下記手順に沿って行うと出来ます。

①フィルターをかけたい部分を選択し、「データ」タブを選択します。その後、フィルターをクリックします。

②下図のようにフィルターマークが出ていれば、成功です。

【補足

フィルターを保存したい場合は、下記手順で行います。

  1. 「データ」タブを選択し、フィルタ表示をクリックします。その後新しいフィルタ表示をクリックします。

2. 黒の画面表示になるので、次にフィルターの範囲(赤枠)を指示します。範囲を指定し、更新することでフィルターがかかります。最後に名前を変更することでフィルター表示を保存され、いつでも呼び出しが可能となります。


あわせて読みたい
Googleスプレッドシートのフィルターの使い方や注意点、できないときの対処法 本記事はスプレッドシートの機能の一つである「フィルター」の設定について紹介します。スプレッドシートを用いて、データ管理を行う人も多いと思います。「〇〇のデー...

Googleスプレッドシートのスライサーの設定方法

次にスライサーの設定方法について説明します。

①フィルターをかけたい部分を選択し、「データ」タブを選択します。その後、スライサーを追加をクリックします。

②下図のようになっていれば、スライサー表示は成功です。スライサー(黒の部分)に条件設定してあげることで、データの絞り込みが可能となります。

Googleスプレッドシートのスライサーの使い方まとめ

今回はスプレッドシート上でデータを絞り込む方法の「フィルター」と「スライサー」について紹介しました。データの絞り込みは分析や対象のデータを見たいときに大活躍します。それぞれの機能の特徴をおさえ、よりスプレッドシートをうまく使いこなしてみて下さい。

次の記事から、応用編に移ります。他の記事もぜひ読んでいただけると嬉しいです。ここまで本記事を読んでくださり、ありがとうございました。次回もスプレッドシートの機能についての記事を出しますので、また読んでいただければ嬉しいです。

あわせて読みたい
スプレッドシートで期日が近づいたセルを自動で色づけする方法、できないときの対処法 みなさん、仕事を行うときは期日を設定して進められる方も多いと思います。一つだけのタスクであれば、期日を覚えておくことは容易だと思います。一方で抱えるタスクが...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次